並べては消える言葉に
ため息を一つ浮かべては下を向く

自分に嘘をつくことで
大人になったふりをしたいなら

思いは届くことないまま忘れ去られて消えてくから
気づかず何度もすれ違う交わることない二人

並べては消える言葉に
ため息を一つ浮かべては下を向く

君の声も届かない

夢を語り合ったあの日の二人は少し幼すぎた
そんな言葉でしか僕らは今を生きれなくなった

聞こえないふりをした本当は気づいていたのに
逃げるように口にした最後の言葉「さよなら。」

声も出せずに泣き崩れた戻れないと分かってたから
流れ落ちる涙はそっと静かに終わりを告げた
思いは届くことないまま忘れ去られて消えてくから
気づかず何度もすれ違う交わることない二人

   SODOMへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴