今夜夢で逢えたなら
その手で僕に触れて欲しい
誰にも邪魔の出来ない 世界で共に堕ちて逝こう

『飾らないでいい』君はそう言って微笑むけれど
飾れるものなど最初から僕には無いだけで

月下に忍び寄るのは 躯の足音
近付けば近付くほど君が遠くなる
点いた焔は勢いを増し終りが見えず出口を求め
ようやく一つ見えた光が…全てを終わらす

煉獄の空に光は届かないようで
限り無く碧い Auroraが揺れて 僕らを誘っている
二人共に歩むために きつく縛ったあの感情も
二人共に苦しむなら 痛みさえも愛せるだろう

一番遠くから 一番傍に居るよ
互いに想い合うほどに誓いは強く固まる

月下に忍び寄るのは 髑髏の足音
触れれば触れるほどすぐ君は遠ざかる
燃える焔は水をも溶かし瞬間的に闇を照らして
熱くなるほど冷静さを取り戻し砕けた

誰にも邪魔させないから 今夜夢で逢いたい
その手で僕に触れてくれ 僕らの想いのまま…

煉獄の空に光は届かないようで
限り無く碧い Auroraが揺れて 僕らを惑わせるよ
恋獄の鍵は深い森の奥埋めたんだ
僕は君のため 君は僕のため 別々の道を進んでる

二人で共に歩もう 近くて遠い場所でも
二人で互いにキミが為、存在し、生きていこう

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   永遠に捧げし凍てつく眠りへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧