名もない星を繋いで
汽笛鳴らして 走り出すよ今夜

一人きりで持て余してた
憂鬱な時間も くすぶった昨日も
全部 引き連れて

窓の隙間 冷たい風
待ちくたびれた 夜の向こう側

Lonely Train 夢の中を駆けてく夜汽車
煙る街 雨上がり 鈍色の空
幼い時見たSF映画のように
今 扉が開く

名もない音を繋いで
眠っていた記憶を 呼び覚ますよ
どこか 懐かしいメロディー

見たくない自分でさえ
そっと受けとめる まだ少し戸惑う

いつからか 胸の奥に鍵かけたまま
気付けば笑えなくなってた 色褪せた日々
覚えたてのフレーズの中に隠して
また 歌い出せたら

誰もいないプラットホーム きしんだ夜の淵
無情な時は速度を落とさぬまま
一人 立ち尽くす僕をたしなめるように
琥珀の月が 笑って手を振る

Lonely Train 夢の中を駆けてく夜汽車
煙る街 雨上がり 鈍色の空
幼い時見たSF映画のように
今 孤独な夜を越えて

Lonely Train 夢の中を駆けてく夜汽車
理由もなく ただうずくまってた この部屋の隅
途切れそうなレールが明日に手を伸ばして
続いてく 旅へと

君を連れていく

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   LOGへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント