いつもNOBODY SO 耳を塞いで 何もかもにつばを吐き
ぐれて街をとばしつづけてた 心は別にはれやしないけど
LONELY TIME BUT JUST ALIVE
つかれきってたあの頃...

ありったけの金をにぎりしめ 泥だらけのくつで飛び出した
冷たいレールに耳をあてて 都会のノイズ確かめてみた

いつかのジミーみたいに 行くあてなんて決めてないけど
だれもいないカラッポのイスで 新聞にくるまって夢を見る

そうさこのまま何もできないで 年をとってゆくのはゴメンさ
心が擦り切れる前に
GOOD-BY FAR A WAYノータリン
MIDNIGHTの列車はNO RETURN
あさってへ心走らせて

冷えきってふるえる肩を とめる様に無理矢理 抱きよせて
約束どうり BABYくるなんて オマエもやっぱり馬鹿な奴サ

いつも何かに怯えて 何もかもがから回り
温りからはじかれた二人 午前3時の闇に溶けてゆく

そうさこのまま何もできないで 年をとってゆくのはゴメンさ
心が擦り切れる前に
GOOD-BY FAR A WAYノータリン
MIDNIGHTの列車はNO RETURN
あさってへ心走らせて

そうさこのまま何もできないで 年をとってゆくのはゴメンサ
心が擦り切れる前に
GOOD-BY FAR A WAYノータリン
MIDNIGHTの列車は NO RETURN
あさってへ心走らせて

SIXTEEN BOOGIE...
DON'T BELIEVE ANYTHING AT ALL
SIXTEEN BOOGIE...
FUCK'N HATE EVERYTHING AT ALL


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   L'EPILOGUEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント