ずっと繰り返した現実逃避と
飽きもせず訪れる焦躁は
あの頃描いた未来と違う日常

振り出しに帰りたいと願えど
戻る場所なんて何処にもないと
君は透明に街を歩く

『行き交う人達は皆 恵まれた日々の中で
無邪気に手を取り合っている』
果たしてそうかな?
誰もが絶望に泣き腫らした後で
そっと 踏み出してる

俺には見えてるんだ

羽を広げ空を舞って 望んだ夢さえも超えてく様
擦り切れた体もアートと成りゆくから
手を伸ばせば届くモノじゃ 心から満たされやしなくて
永遠に追い求め 気高くどこまでも

お前の背には
羽が生えてるんだ

あの頃描いた筋書きじゃ辿り着けない
そう 新天地がある

そこが楽園と成る

羽を広げ空を舞って 望んだ夢さえも超えてく様
擦り切れた体もアートと成りゆくから
手を伸ばせば届くモノじゃ 心から満たされやしなくて
永遠に追い求め 気高くどこまでも

共に行こう

綺麗事だと
目を逸らしてんな
戻れやしないんだ
突き抜けろ

   LIQUID VAINへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴