希(こいねが)う面影が
この胸をしめつける
夏の雨がすべてを消すように流れても
時を交わさず 生きるなどできない

矛と盾を隠すように弛んだ
秋立つ日 夢一夜(ゆめひとよ)

声弾む季節は短すぎて
かげろう愛は
私のメランコリア

どうしたら報われる?
まがなしみ 瑠璃(るり)の運命(めい)
鮮やかな痛みならすぐに癒えるけれど
戸惑いはずっと哀しみを深くする

荒れる波に撓(たわ)む小船のように
行く道を狂わせる

いつまでもあなたは無邪気なまま
心にそっと眠るメランコリア

たとえ その命が短くても
あなたをもっと幸せにしたかった

さよなら私の愛した人
頬伝う滴はいつしかきっと乾く日が来る
そうあなたは
私のメランコリア


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Graciaへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント