夕焼け小焼けで

間も無く飛び交う

何機もの機影が

隣の町を焼き尽くすのだろう

不細工な神様が

大きな掌で君を隠しても

両の眼が灼けても

きっと見つけ出すよ

ねぇ 今夜 迎えに行くよ

もう 二度と会えなかったとしても

ねぇ どんな暗い道でも君と行くよ

もう 二度と朝が来ない夜も

誰だって 暗闇が怖いのなら

ずっと 隣で輝いていたいよ


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Vital Signsへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧