一人 闇の中で
傷が 痛む 度に
思い出してしまう
あぁ 崩れ落ちる時の音

力ない 身体は
笑えもしない
けど
小さな光 見上げ
「今度こそ。もう、立ち上がらなければ。」

嫌 真っ逆さま なんて
戻りたくなんてないんだ
綺麗なあの場所に居たい
「夢を観れるから。」

星の歌 歌えば
どれだけ 暗い 空でも
どこに居ても 思い出せる
いつも 言い聞かせて
「大丈夫、大丈夫。」

離れていく 景色
重力に
逆らって
手を伸ばしてみるの
届かない

嫌 真っ逆さま なんて
戻りたくなんてないんだ
光のある、ここに居たい
「夢を観れるから。」

星の歌 歌えば
どんなに暗い 空でも
どこに居ても 思い出せる
いつも 言い聞かせて
「大丈夫、大丈夫。」

解ってる筈なのに

もう1人じゃないから

   The laughing manへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴