ねぇ いつも 2人で通ってた
あのコンビニは8月に閉店しちゃうらしいよ
ねぇ いつか 君と見た映画は
ハッピーエンドじゃない 涙も出ない そんなやつ
ねぇ いつも わたしはわがままで
少し離れて歩いた それも全部わざとだった
ねぇ いつも 君の優しさは
下手くそで伝わりづらかった
でも心地が良かった

溜め込んで 溢れ出して 溺れちゃうようじゃ
意味ないなぁ
それでも言えない消えない気持ちが ほら
こみ上げてく 今もまだ

夢見た2人はもういない
あの坂道で見た花火のように ずっと...
夢見た明日はもう来ない
さよなら 気付けば君を思って泣いているのです

ねぇ いつも 思い出しちゃうのは
「夏の夜の匂いがした」とはしゃいだ横顔
ねぇ いつか こんな日が来るって
君は知っていたみたいに
私に笑ってみせたね

会いたいと思ってしまう
空いた心の穴 痛いよ
それでも癒えない消えない思い出
頭を過るの 今もまだ

夢見た2人はもういない
あの坂道で見た花火のように ずっと...
握り返してくれたその手
またいつか他の誰かを
愛して 温めるんでしょう

夏の日
夢見た2人はもういない
あの坂道で見た花火のように ずっと...
弾けた後もはらはらと
熱を持って宙を舞うのです
あの時 たしかに2人はここにいた
冷めない熱を帯びた胸が痛むの
さよなら 君が好きだった
別れた道の先で
今でも想ってるのです 見上げてるのです


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   センチメートルへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧