“光る汗と響く声、戻らない日々”
横目に帰る 音をたてた自転車
輝き方が分からないままの僕は
面倒臭いが口癖になってた

友人は上手くつくれない
端っこの特等席
見逃し三振 靴紐を結び直す
本当は君に伝えたい

この青すぎる空が
僕には似合わないなんて思っていた
でも逆転すんだ 空ぶったっていい
この青すぎる誓いを
君と結びたいから僕は僕のままで
さぁ変わるんだ今 恥かいたっていいから

上手く笑えない 僕だけが辛いんだ
君の声からも耳を塞いでた
どうせ泣いたって誰も気付いちゃくれないだろ
諦めるのは楽だけど苦しいな

ちょっとずつ前を向いて
今からでも間に合うかな
二死満塁で握る汗 息を飲み込む
何かが変わる音がした

この青すぎる空と
僕の軋む心 抱えきれない想い
でも終われないよ 今分かったから
この青すぎる誓いは
君が僕にくれた最後の一歩だった
さぁ走り出して飛び込んだらもうそこだ

青すぎる空に
逃げてしまいたくなる それも僕なんだよ
まだ何もない僕らの為の歌

この青すぎる空が
僕には似合わないなんて思っていた
でも逆転すんだ 空ぶったっていい
この青すぎる誓いを
君と結びたいから僕は僕のままで
さぁ変わるんだ今 恥かいたっていいから


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   アネモネEPへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント