優しく奏でるメロディ
願いを乗せて
どこまでも遠く

雨の中で立ち尽くした
その悲しみまで
かき消せるように

花が舞って
鳥が鳴いた
風を抜けて
月を目指した
散らばった無数の銀河の中

無限に広がる星空の
下で肩を寄せ合いながら
「過去と未来と今」を胸に
覚めない夢を見続けよう
溶けていく月に2人照らされて

花が舞って
鳥が鳴いた
風を抜けて
月を目指した
散らばった無数の銀河の中

冷え切った世界 その果てで
生きる意味があるのならば
それは間違いなく君だから
どうか笑っててほしい

数えきれない胸の傷も
一人きり流した涙も
どうかその全てを愛して
かけがえのないものだから
溶けていく月に2人照らされて
いつか来る夜明けに恋焦がれて

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Lyncへのコメント

カルマの歌詞最高!

2022-08-01

花鳥風月すき

2022-07-20

全部名曲ですね
公D好きだ(唐突

2022-07-14

  歌詞閲覧履歴