ため息、一つついて眠る。
蒼き罪、深く美しく。
まだ咲かない花の群れ、そっと口づけしたら開く?

聖女は光と闇の狭間、背徳の道を選んだ。
まだ咲かない夢の群れ、もっと口づけしたら開く?

せつなさ弾けた夜を超えれば、ひらりと舞う花びらが、極上のシチュエーションを作る。
ねえ、君は気づいている?
真夏の夜の夢は、最高の物語になる。

泣き顔と微笑みの意図を、理解なんて出来やしない。でも見えない先の事、きっと信じている。
せつなさ弾けた夜を超えれば、ひやりとした部屋の中、君は痛みの中、道を示す。
ねえ、僕は気づいたよ。
真夏の夜の夢は、最高の舞台を作る。

愛は醜く暖かく、僕を包み込む。
夢は儚く激しく、すべてをうつろう。
咲き誇る蝶になろう。

せつなさ弾けた夜を超えれば、ひらりと舞う花びらが、極上のシチュエーションを作る。
ねえ、君も気づいたね。
真夏の夜の夢は、最高の物語になる。
最上の花びらになれる。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   花びらへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴