MUCC/朽木の灯

朽木の塔

MUCC


word: 逹瑯 music: 逹瑯

『朽木の灯』収録

  • 朽木の塔/MUCC/朽木の灯が良い
  • 5
  • 朽木の塔/MUCC/朽木の灯が悪い
  • 0
  • 積み上げた 積み木の塔を
    私の手でバラバラに殺しました
    視界の全ては温度を失って
    散らばった朽木こそが私でしょう。

    「心は握り潰して」

    理由は私の欠陥でした
    歪み稔れた道徳が故の
    唄う事が贖罪でしょう
    贖いは 朽木と共に

    「決して消えぬ痛嘆、こびりついた掌」

    あぁ 終わらぬ過去を引きずって
    朽木の上を偽足で歩く
    もう 何一つ守りきれぬなら
    私は奇偶になり 身を枯らすまで

    繰り返す嘔吐 尽きるまで
    暗闇は必然
    光など求めるが愚か
    空っぽの光を浴びて
    さぁ もがき 刻み続け

    「私は、生きていますか?気でも違えそうで」

    あの日から

    あぁ 終わらぬ過去を引きずって
    苦痛に染め上げたこの手を擡げ
    もう 痛みなど捨て去ればいい
    私は木偶でもあり、人では非ず

    生きてこの手で贖罪を、贖いを

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       朽木の灯へのコメント

    ここらへんのムックが良い
    遺書は名曲

    2019-03-17

      歌詞閲覧履歴
       

      関連動画一覧



      新着コメント