母は今も我が子の帰り
ずっと ここで待ち続けている
数えきれぬ時代の涙を
流し祈っていた
あの罪もない弱き人びと
苦痛を握りしめた
朱に染められた大地の脈は
途切れ千切れ やがて消えゆく
儚い争いが生みだす悲しみは
この風にのせられ
母の胸をつらぬいた

旅立つ姿 目に焼きついて
離れない 今もまだ
敢えなく散った尊い命
永遠に夜空の星になった
幾多の憎しみが渦巻く争いは
幸せを造るか
苦しみを生みだすのか
儚い争いが生みだす悲しみは
この風にのせられ舞い上がる
目を閉じるのも怖くて夜も眠れない
我が子を想う母の祈りは
届かないまま

   リヴィドへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴