2018-03-16

GLIM SPANKY、「時代のヒーロー」が松本山雅FCプレビューショーのOP曲に決定

GLIM SPANKYの楽曲「時代のヒーロー」が、松本山雅FCホームゲームの試合開始前に行なわれるプレビューショー「アルWIN TV」のオープニング曲として使用されることが決定した。ことの始まりは、2017年9月に幼少期にサッカー少年だったギターの亀本寛貴(Gu)がつぶやいたTwitterの投稿に松本山雅FC公式アカウントが反応したことがきっかけとなり、それぞれのファン・サポーターや地元の皆さんからもGLIM SPANKYの曲がホームスタジアム「アルウィン」で流れることを要望するお声が多くあがったことで、今回の楽曲使用が実現したという。 松本山雅FCの本拠地である長野県はGLIM SPANKYの二人の地元であり、「時代のヒーロー」は2016年7月に発売されたセカンド・アルバム『Next One』に収録された作品である。

プレビューショー「アルWIN TV」とは、松本山雅FCホームゲームのキックオフ約70分前に選手たちがピッチウォーミングアップを開始する前の、スタジアムがこれから試合モードに入るというタイミングに行なわれるコーナー。来場者を盛り上げるリズムであり、地域リーグから国内最高峰のJリーグを目指し歩んできた松本山雅FCの歴史やこれからの成長、そしてクラブに関わってきた人たちの想いが歌詞のなかに散りばめられた楽曲を発表曲の中から選んだ末、「時代のヒーロー」が採用されたとのこと。GLIM SPANKYの奏でる王道ロックビートが熱きロック魂を全開させ、サッカースポーツを大いに盛り上げるに違いない松本山雅FCホームゲームに要注目だ。

■【亀本寛貴(Gu)コメント】

「幼い頃、なんで長野県にはプロ野球のチームもJリーグのチームもないのだろうとずっと不思議に思っていたので、山雅が2012年にJ2に昇格した時はすごく嬉しかったです。自分もいつか少しでも音楽で関われたらいいなと漠然と思っていました。僕はサッカーが音楽に劣らないくらい大好きなのですが、自分は全くもって選手になれるようなレベルでは無かったので、僕にとってサッカー選手は子供達が憧れるヒーローのような存在なのです。なので今回自分達の作った「時代のヒーロー」という楽曲が使用して頂けるということで、長年の夢が叶った気がしてとても嬉しいです。長野県出身者として松本山雅FCの今シーズンの活躍を願っています!!!」



【関連リンク】
GLIM SPANKY、「時代のヒーロー」が松本山雅FCプレビューショーのOP曲に決定
GLIM SPANKYまとめ
ユアネス、ミニアルバム『Ctrl+Z』をサブスク限定で先行配信スタート

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

GLIM SPANKYの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース