深く開いた傷口から滑り込んだ激情
誰もが皆打ち拉がれ 希望捨てる そんな夜

瞼を閉じれば 意識の彼方で
消えない想いが 囁いて この手を導く

安らかに眠りについた 昨日までの絶望
立ち尽くす君に 寄り添いはじめる 拓かれた狂気の未来

飲み込まれる恐怖の渦 意図的なプロパガンダ
誰もが皆操られて 思考捨てる そんな夜

救いを求めた 渇いた願望が
光 見出す その術をこの手に宿して

高らかに振りかざそう 迷うことなく
立ち尽くす君の 視界彩る 崩壊が始まる瞬間

悲劇に精神は慣れはじめ 麻痺していく
焦がれた明日も見失う

声に今気づいて 目を開けて

哀しく吹き荒れる風 朝が来る頃
待ち望む君を 抱いて連れ去る 鮮やかな至福の未来


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   RETINAへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧