翳す掌が導く定めよ どうか煌めきとなれ

輝きを無くして汚れた物は 記憶の底へ
壊れた思想がほら 何か求める 時の狭間で

誰か張り裂けそうな胸を裂いて

さ迷えばいつまでも 抱き締めた君の跡
閉ざした心が今でも見つからない

翳す掌が導く定めよ どうか煌めきとなれ

涙を隠した白銀の空へ 望む刹那とは愛

届かぬ想いなら何もいらない 孤独の先へ
目敏い物ならば消してしまおう 過ち抱え

永久に嘆くだけで立ちつくした

変わらないでいつまでも 優しさに包まれた
記憶と想いが今でも温かい

眩い光が示した場所には 微かな希望の影

月夜に佇む一輪の花よ 激動の風に舞え

   双刻の艶へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴