「左のほっぺをぶたれたら、
右のほっぺもぶたせてあげなさい。」
なんて正直無理でしょ大体。
イライラするでしょう普通。
神様はいるみたい。
見た事ないけれど皆が信じてる。
僕には見えないんだけれど、
そんな事言っちゃった彼はどこ?

神様が人の姿を借りるなら
僕はタイプの女子にするんだけどなぁ…
建前と本音の裏腹で
彼らが嘘を吐いている。

風の強い日を選んで走り出そう。
僕なりの明日を見失わない様。
ペンが指し示す方に。
僕の書いた聖書は君だけ導ける様に。


1ページ目には。
「キリストと寝た女がいたなら紹介して欲しい。」って書こうか(笑)
嗚呼、この世界はとっても美しい。
そう思いたいから。


2ページ目にはね。
君の思い通りの言葉を書いて欲しいんだ。御自由に。
嗚呼、君の字って凄い可愛いね。って思いたいから。

今はまだ、何も無い様に見える。
僕の目には。
何もかも在る様に見えている。
彼らの目には。
神様が嫌いだ。


大人には見えないぐちゃぐちゃの文字をわざと書こう。
薔薇色の世界で生きていく。
僕らだけの言葉を綴ろう。

いつか、もし僕らが大人になったら
笑っちゃう様に生きてみよう。
失敗だってしようよ。


真っ直ぐに線を引いて、ページをはみだしたインクが僕らの明日なんだ。
そうだろ?

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   青空睛レーションへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント