どこか遠くへ行きたい 電波もないどこかへ
ごらん満天の夜光 僕が指差す場所

線香花火は時間(とき)の儚さ教えてくれる
揺れる夏草の合唱 とても心地いいな

さぁ帰ろう君の待つ街まで
伝えたい事があるよ ほんの一言さ

Sha la la 蛍の光よ夜空に舞え
たとえ僅かな明かりでも君を照らし続けよう

「永遠という一瞬」手のひらで転がせば
まるで宵の月みたく切なくて脆いな

Sha la la 蛍の光よ届けてくれ
遠く離れた場所だって君を想い続けよう

ねぇ、過去は忘れてしまうものかな
愛された事さえも 愛した事でさえも

Sha la la 蛍の光よ夜空に舞え
たとえ僅かな明かりでも君を照らし続けよう

Sha la la 逢いたくても逢えぬ夏の恋
また巡り逢うその折はあの頃の気持ちのままで

季節と共に去りぬ


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ROMAN REVOLUTIONへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧