もしも君がどうしようもない悲しみで泣くとしたら
少し肩幅のある僕が泣き処になろう

もしも君がどうしようもなく心が折れたとしたら
少し体重のある僕が支えにでもなろう

銀のスプーンですくいあげたものが塗りつぶされてるから
本当の味が知りたいだけ

耳を澄ませば蘇る やわらかなあのメロディー
そこから見える景色はどうだい? 祈り 叫び

「深すぎる位がちょうどいい」

もしも君がどうしようもなく深く傷付くとしたら
少し君より想う僕が処方箋になろう

銀のスプーンですくいあげたものが塗りつぶされてるから
本当の君が知りたいだけ

固唾を飲めば怖気づく しめやかなあのメロディー
そこから踏み切るのはどうだい? 祈り 叫び

「重すぎる位がちょうどいい」

だから君から抜け出せない

甘く育む朝も 甘く日差しの強い昼も
甘く切ない夜も 今の僕にはちょうどいい

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   明星オリオンへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧