キリきり痛くてぐっちゃりした 何もかも消しちまいたくて叫んでる
体内に押し込む赤無理にでも 吐き出さなきゃココから飛べやしない

ピタッと時間どおりの信号機なんかより
気分屋なネオンカーニバル目指しただけ
爽涼蒼白なんて似合わないから 烈火に焼かれながら吐き出す赤

羽を休める午後に虫取り網の赤色灯
響くサイレンの音に暁の四時飛び立つ

多揺すぎるこの体 君という花びらが咲くあの丘へ行けたら

木々の嘆きを夜の溜め息に乗せて唄えば
静寂の中 僕の血管がうずくから
酔わせる様な光浴び続けたなら
この森では僕の風狂詞 森の中の花びら酔わす

吐き出す程に赤く光り 加速するんだどこまでも
背中の羽にじむ赤化粧 縫いながら俺は生く

夢を忘れたあんたには一生辿り着けない
高みまで俺は生く

のたうちうねる 苦痛の唄

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   NEIGHBORHOOD NUMBERへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント