君が目を閉じる度に思い出すのは
きっと醜い僕の本性
無駄な感情が取り戻せないのなら
記憶を器用に綺麗に書きかえて

優しい歌を聴きたがっていたね
未だにできないことだけれど

無情に刻む時間の中でまた独りきりになって
伝わりもしない言葉ばかり無意味にこぼれて

なぜ泣かないでいたのこんな酷い夜
耐え切れないほど君は傷ついていたはずで
なぜ黙っていたのこんな寒い夜
まだ鳴り止まないよ神経のワレタ音が

優しい歌を聴きたがっていたね
いつかはできることだとしても

形を変える月の下でまた独りきりになって
届くわけもない言葉ばかり無意味にこぼれて

なぜ泣かないでいたのこんな酷い夜
耐え切れないほど君は傷ついていたはずで
なぜ黙っていたのこんな寒い夜
まだ鳴り止まないよ神経のワレタ音が

なぜ消えないでいるのあの頃のまま
うつむく君は僕をどこで待っているの

なぜ泣かないでいたのこんな酷い夜
歪んだ僕に君は気づいていたはずで
なぜ黙っていたのこんな寒い夜
引き返す訳にはいかない僕の行く先は?

   神経がワレル暑い夜へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴