代わり映えのない...
全てが無駄だと思っていたんだ
ポケットの中で握りしめた夢
グチャグチャにして

歩き疲れ座りこんだ
膝を抱えて泣いて
君の声は
聞こえなくて
暗闇の中一人きりだと思っていた

失くしてきた大切なモノ集めて
立ち上がってポケットから取り出した夢
拡げて明日の方へ
君の声が聞こえる
続いている果てしなく遠い先へ
前を向いてもう一度歩き出すんだ
今度は僕の声が
君に届くように
君に届くように
きっと届くように

   SicKsへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴