星の数だけきみの悲しみはあって
こころの奥には重い隕石が降り続けて

どんな明るい月の夜 星空見上げても
くすんで光は見えないときみが泣いている

どんなことが起ころうともぼくだけは味方だよ
きみが泣いている時は
ぼくがそばにいる

どんなことが起ころうとも笑わせてあげるから
きみの涙を拭うために
ぼくがそばにいる
ぼくがそばにいる

月が割れて壊れてもきみはきっと光るから
変わらない
ぼくはきみの夢を見る
夢を見る

どんなことが起ころうともぼくだけは味方だよ
地球が滅びてしまっても
ぼくがそばにいる

どんなことが起ころうとも笑わせてあげるから
きみの涙を拭うために
ぼくがそばにいる
ぼくがそばにいる


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   今夜きみが怖い夢を見ませんようにへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧