風待ちをしていたら きみに会えた
時計の砂は止まる まぶしい朝に
人のいない青い電車は 想いだけを
乗せて走れば 海へ辿り着いた

忘れそうになる 傷跡が語りかけるとき
拾いに行く 隙間をただよう船と 波を見てた

鐘が鳴る かなしみの 予感ならとりあえず
見つめずに きみのことばがいくつも道をつくってゆく

失くした声は 海原に溶けるさかなたち
気づいたら 傷跡が支えるような日をむかえて
笑えるかな いつかのような


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   パラードへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧