ずっと、そう、ずっと。
君のこと、僕は知らない。
いっそ、もう、いっそ。
このままでいいと思ってたよ。

君は僕の悲しみを嘆くだろう。
僕の喜びは密かに分かつだろう。

どうしようもない一人の夜に僕は歌を投げるけど。
君よ、君の事をもっと教えてくれ。

Under the Sea Lovers
僕らはただ寄り添うだけ。
Bottom of the Dark
沈み込む部屋、呼吸さえ忘れる。

僕は君の喜びを知らぬまま。
君の寂しさもただ眺めてしまう。

どうしようもない一人の夜に僕は歌を投げるけど。
君よ、君の事をもっと教えてくれ。

Under the Sea Lovers
僕らはただ寄り添うだけ。
Bottom of the Dark
一生好きなだけだよ。

「どうしようもない」
その言葉だけは絶対外で言うなよ!
まず、僕だけに向かって…そう囁いて。

僕はずっと抱えてきてくれた君へ。
「僕の歌は、君だけいつも抱きしめていますか?」

Under the Sea Lovers
僕らはただ寄り添うだけ。
Bottom of the Dark
「一生好きなだけ」だから。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   The Loversへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント