私は一人
孤独な死だけだ
たやすく裏切られる
命懸ける程の情景が今眼に宿る ?

意味の無い躊躇い傷と
十数年心は無人 ヘラヘラ

ぺちゃくちゃ喋るゴミ共が
鎖一つ捥げない飼い犬

Fall

まるで別の住人だ
同じ顔した、私は化物
愛されたのは孤独だけ
We will not give up
形のある自由から Suicide

誰もが信じていた答えが正しいとは限らない

雑音の世界 君は何が欲しい ?
実感した未来に聞いてご覧よ

胸の奥 愛せたら 少しは楽でしょう
こんな世界も視ずに笑い合えた

さあ

成功者は
いつも渦巻いてるんだ俺の周りで
もう誰の声も聞きたくない

もうたくさんだ、生きる意味を探し THE FINAL 腕に刻むのか ?
憧れや、愛や自由全て、くだらないものに変わる

   詩踏みへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴