宙に舞う 冬の足音
紅をさす雲は流れる

どれくらい夢みてた?
飽きもせず 追い求めた
汚れなき詩だけが
この今を繋いでいる

静寂に 時の足音
キミの言葉を思い出す

あの日から怖かった?
なにもない なにもなかった
汚れなき夢だけが
この今を繋いでいる

遥か咲く 月と太陽
手を伸ばせば 届くのかもしれない

海のように 叫ぶいのちに 波のように 迫り来る運命に
愛のように 光のように

なにもかもが 綺麗で

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   AVANTGARDEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧