カーテンがそっと揺れた隙間に差し込んだ
柔らかな夜風と星の瞬き

そっと手を握れば無意識に握り返す眠り姫もうすぐお別れなんて

藍を掛け抜ける天の川 それは逢えぬ君への涙の跡
やっと満たされた恋心 せめてあと少しだけ時間を

「目をつぶって」愛しい姫よ 哀しまないで 別れのキスをしよう
あの川の向こう 忘れないでいて きっとまた逢えるから

もうすぐ行かなくちゃ
この時間よ止まれと 初めて神様に心から願った
この夜が明ける頃 君はもういない

嗚呼 短かったけど とても楽しかった 今夜は月がとてもキレイだね

「目をつぶって」愛しい姫よ 哀しまないで 別れのキスをしよう

あの川の向こう 時々思って 次に逢える日のこと

来年の七月七日も 右の肩 頭を寄せて
甘えては時々すねて怒って  そんな君と歩きたい

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Nectarへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧