もう生きていけない息がつまる
何も信じたくないの

甘い言葉だけを聞き入れてきた
その代償なんだ違うかな

私が望んでたものってなんなの
今はもう忘れたよ
何より好きだったあの歌さえ
今は聴こえない

だけどなんで、
こうして今もこりないで歌ってんの?
主役ってのは最初からいつも
用意されてるのに

いつかいつか夢見た場所へ
ここはどう繋がるの?
そのステージのすみっこにさえ
立てちゃいないのにね

繰り返すことが怖くなった
変わらない景色と自分

作られたものが全て支配する
これはきっと陰謀なのよ
レールに乗れない落ちこぼれは
歌う価値もない

かわりのいない人になりたくて歌ってきた
だけどなんで?
歌えば歌うほど涙がでて
声が枯れていくだけ

それなのにまだ何を信じて
この場所にしがみつくの?
私のみたい景色はきっと
ここじゃ見れないのに

諦めることで大人になったんだ
二度と戻れない
思い出たちに苦しめられる
気分は良いだろう?

低いステージで前だけみて歌ってきた
何かひとつ
誰かに覚えていて欲しくて
こんな私のこと

夢をみてた長い夢だった
終わらせるつもりなんてなかったのに
もうここまでみたい何も聴こえないの

最後の歌にしよう


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   「一寸先は闇、一寸先は光…どうなるかは自分次第だ。」と言った元カレの後ろに私は計り知れない闇をみた。へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧