ペンタゴン/マントラ

メローサンセットビーチ

ペンタゴン


word: ゆとり大明神 music: ゆとり大明神

『マントラ』収録

  • メローサンセットビーチ/ペンタゴン/マントラが良い
  • 19
  • メローサンセットビーチ/ペンタゴン/マントラが悪い
  • 0
  • 相変わらず カンカン照り高気圧
    磨いたみたいに青い空
    また僕は君を追いかけていた
    クーラーは壊れてたんだっけ?たしか
    少し早いけど海に行こう
    見せたいものがあるんだ
    透明すぎる君が“すずしい”って
    うそみたいに微笑んだら
    急ぎ足で季節が追い越して 夏だね

    メロー サンセットビーチ
    君が酎ハイで赤くなった
    沈んでいくオレンジにまだ醒めないでって
    お願いしてみても君は遠い 上の空
    西日が差す テーブルの上 炭酸の抜けたソーダ
    メロー サンセットビーチ
    なのに、どうして君は
    そんなにつまらなそうな顔をするんだよ
    寂しそうに笑うところが1番好きなんだ
    いつまでも君を離さない

    退屈な8月の半ば 僕ら
    ヨロヨロの2人乗りで 夏の隅っこを走った
    “そうね、
    アクセルを踏んじゃえば簡単に進むし
    ブレーキなら自動的に止まれるわ。”
    ってそんなに便利じゃない

    メロー サンセットビーチ
    君が酎ハイで赤くなった
    沈んでいくオレンジにまだ醒めないでって
    お願いしてみても君は遠い 上の空
    夜の帳 白い砂浜で 僕だけ舞い上がって
    メロー サンセットビーチ
    なのに、どうして君は
    そんなにつまらなそうな顔をするんだよ
    夏に避けられてそうなところも好きなんだ
    いつまでも君を離さない

    この胸の痛みに気づいてくれ!って叫んでも
    波の音だけが響く
    あー、君のせいなのに…

    ねぇ 世界中に僕ら2人だったとして
    今日のことを詩にしてもいいかい?
    例えばレイモンド・カーヴァみたいなさ
    言葉で綺麗に飾ったって嘘になるかな

    メロー サンセットビーチ
    君が“まだ帰りたくないよ”
    僕に最後にくれた 最高のシチュエーション
    期待してたことなんて1つもまだ起きてない
    砂に描いた 本当の気持ち 静かに連れ去られた
    メロー サンセットビーチ
    君に見せたかった
    単色スターマインが打ち上がる
    下手くそな笑顔 と夏の魔法にかけられて
    いつまでも君がはなれない

    Perhaps I know best why it is man alone who laughs;
    he alone suffers so deeply that he had to invent laughter.

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       マントラへのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴
       

      関連動画一覧



      新着コメント