産声あげて始まる鼓動 生誕に祈り背負う
役割終えて消えゆく吐息 終焉に意味を残す
希望と絶望の狭間に立って 光明に向かって歩く

荒れ狂う時の渦に 意識まで飲み込まれてしまわぬよう
痛覚を肌に刻んで 奪われてはならぬ意志を研ぎ澄ました

いくつも築いた砂の城は新しい波が攫って
君に見せたい次のドラマ 構築に胸躍らせ

容赦ない時の渦に 感覚を壊されてしまわぬよう
衝動を肌に刻んで 決して方向変わらぬヴィジョン描いていく

The impulse expansion…

誰一人触れようとしない 傷跡まで風に晒していこう
哀しみが増える度に 迷うことなく最期へ向かえるから

A place where no one, so place to take you.

   RESONANCEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴