DIMLIM/VARIOUS

「初潮」

DIMLIM


word: music: 壱世

『VARIOUS』収録

  • 17
  • 2
  • 鳥籠の中 静かに脈打つ 少年は孕む狂乱を
    深紅に染まる 純粋な思想 風鈴が揺れてる頃

    My not having to look back on
    a mistake past at all in the name of a heart
    It was out of order from that day
    My reason collapsed; was broken
    I promised a heart that I must never trust
    a human being
    It was broken from that day
    My existence was out of order

    消された記憶さえどうでも良くなって
    祈りは届かずに漆黒に溺れる
    ここまで来たんだと言い聞かせながらも
    終わりを見つめては分からぬフリで

    「夕闇につつまれるのがわかってながらも
    激情に身をまかせることしかできない
    この愚かな僕を生温かい風が死を誘ってくる
    剥がれた景色にモノクロの世界を」

    秋を待つ哀れな姿

    理性に縛られた 明日を迎えても
    また繰り返す檻に閉じ込められて
    操られる楽さと 操られる苦しさで
    浅はかな心に釘を打ち付ける
    少年は気づいた 8月の夕暮れ
    檻には枯れ果てた懐かしき温もりが…

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       VARIOUSへのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴