時は止まることなく 足を早めていく
僕は遠のいていく過去を愛でる [時の奴隷]

溢れ出す欲望を隠しもしないで
止まらない 止めたくない 爪先のリズム
滑らせていく肌の摩擦を抱いて 罪深い底へ落ちていく

息をして息をして それを止めないで
曖昧に溶けていく 境界の微熱
舌の先でその形をなぞって 君の熱を飲み込む

朝が来れば 何もかもが 虚になる
朝がすべて連れていく 君の熱も その甘い香りも
僕らは一人のまま 歩き始める

憂い差す 幻影と思え 際限なき現実を

朝が来れば 何もかもが 虚になる
朝がすべて連れていく 君の熱も その甘い香りも
今日の僕らは今日でおしまい
家路を照らす太陽の日差しに 息を吐いた 目を細めた
僕らは一人のまま 歩き始める

きっと僕は君を好きになって 近づいていく 未来へ


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Chronosへのコメント

これからはメタルコア路線でいくのか?!

2020-07-30

  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧