いつかの愛しきあなたは何処へ
手に負えない子供のように暴れて
混じ合う時だけは愛し合えた
互いの汚れを汚れで隠して

きっと僕に甘えているんだね
あなたはまるで六月の雨
鬱になってゆく 逢う度にまた
本音を言おう 嫌いと思った

「さよなら」と 残した
あれが最期の夜でした

あなたが抱えた 無数の哀しみを
生き血を抜き取った その深い傷を
僕はいくつ知ってただろう
見えない君の手を握ったまま
夜が開けるまで ただ いつかの喜び想い
詠う Requiem

あいつが隠した心の中は
傷だらけで血まみれだったんだ
あいつが見せてた笑顔の裏は
涙枯れるほど泣いていたんだ

どうして僕に 何も言ってくれなかった
虚しさだけが 此処に残った
まるで初めから 何もなかったのように
突然消えた いつかの君を憂い詠う Requiem

生きる事の喜びさえ分からずに
絡み付いた鎖を 紐(ほど)く為に
あなたが導いた答え(モノ)
それでも願いが叶うなら
ただ生きていてほしい

あなたが抱えた 無数の哀しみを
生き血を抜き取った その深い傷を
僕はいくつ知ってただろう
癒えない君の手を握ったまま
夜が開けるまで ただ いつかの喜び想い
詠う Requiem


   ハキュナマタタへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴