憶えてるさ 失くした夢
うらぶれた あのシアターみたいに
歌った唄 おまえのために
ぼろぼろの 古いギター弾いてさ

上手く鳴らなかった 最後のコードは
心のずっと深い場所に埋めた
窓辺に飾ってた 乾いた花は
あの日からずっと時を止めたまま

ガラスみたいな都会を
雨の匂いが包んで
それだけで世界が少し
違うものに見えた

思い出した 直した癖
くたびれた あの役者みたいな
スクリーンの中 おまえを見てる
夜明けじゃない もう日没だってさ

上手く泣けないんだ それも嘘だった
今ならもっと素直になれるかな
窓辺に飾ってた 乾いた花は
あの日からずっと時を止めたまま

ガラスみたいな都会を
雨の匂いが包んで
それだけで世界が少し
違うものに見えた

泡のないビールは嫌い
抽象的な絵は嫌い
月曜の朝は嫌い
季節のない国は嫌い

オチのないコントは嫌い
流線型の車は嫌い
日曜の夜も嫌い
何よりも自分が嫌い

ガラスみたいな都会を
雨の匂いが包んで
それだけで世界が少し
違うものに見えた


   Applauseへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴