代わり映えしない毎日 今日も何を作ろうか
そんな事にだけ頭を使って
傷付けるのが怖くて 傷付くのはもっと
生きてゆく事は こんなにも疲れて

自分の理想ばかり大きくなって
現実とかけ離れてく

何の為 生きるのか 分からないって
感情を殺す役ばかりこなして
空の上 見上げた星 月も綺麗で
まだ どこかに 心は 心は 残ってた

誰かの幸せ怖くて 妬んじゃないけど
自分1人だけ置いてかれたような
結婚して家庭もって 子供は3人
夢見た未来は1つも叶ってない

「今日はね、こんな事があったよ」って言える日
いつかは訪れるかな

誰の為 生きるのか 分からないって
心のドアに鍵をかけて1人きり
本当は 愛したいんだ 愛されたいんだ
内なる声 その手を その手を 伸ばせばいい

マイナスな感情は自分で連れてきた
心配や不安も自分の価値観の中
隣の芝生は綺麗な緑だけど
どうして綺麗かを僕は知らない

閉じていた心をひらく瞬間
きっと怖くて 逃げ出したくなる日もあるね
だけどきっと だからきっと
より美しい景色がこの先にあるよ

何の為 生きるのか 分からないって
言えないくらいに誰かの事 愛して
愛されて まだ叶えていない夢を
さぁ 今日から ここから 僕から はじめよう


   HANAEMIへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴