争いを繰り返す僕らは いつだって幸せを求めては
いつだって誰かの事を犠牲にして
拳銃や刃物や罵声が飛び交う空じゃ太陽も月も見えない
薄れてく酸素の中

瓦礫の街で歌う子供達が描く夢の世界は
天国か地獄か? そんなんじゃない すぐ隣にいる人の笑顔

降り止まぬ雨 涙 慣れてしまえば 楽になれる?

無邪気に笑い 弱さを見せなかった片足の少女は
壊れたピアノを抱いたまま天使のように眠った

本当は愛したいって いつだって逃げてきた
傷つくよりも傷つけてきた
さよなら さよなら 泣き方さえも忘れてた自分なんて もういらないよ

瓦礫の街で歌う僕達が描く夢の世界は
天国も地獄も焼き付くし 幻よりも眩い日々を

   PARASITE INVISIBLEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴