私から私へと沈む 憶の奥 息は絶え絶え
澱みに触れ 踠く様は…そう
宛ら「さようなら」の如く


私から私へと浮かぶ 憶の上澄み ゆらゆら
微睡みの中 不香の花が咲く
宛ら「泡沫」の如く

声は濡れて滑り落ちては 痞えて飲み込む事も出来ず
喉を裂いて引き摺り出せたなら 相見える事の無い 寂寞の哀

痛みに打ち拉がれましょう 「縁」と言う名の手垢に塗れて
故に儚くもあり 然れども現を見せ付けてくれた
暁は焼く…淡い夢を 白い闇はその手に何の感覚も無い
人は虚空に何を見るか

私から私へと紡ぐ 憶の最果て 何を望む?
群青に舞う 想の灰は…そう
宛ら「さようなら」の如く

彩を纏う言の葉が劈く色の無い私
虚の様に何も無く在れば 相見える事の無い 寂寞の哀

痛みに打ち拉がれましょう 「縁」と言う名の手垢に塗れて
故に「孤独」さえも踏み潰し己を晒す

季を巡り 香を帯びた その軌跡に「百花繚乱」
死生に灯は揺れている その鼓動は「命の詩」

叩き付けた音の無い叫びは嗚咽に溺れ形を成さぬまま

痛みに打ち拉がれましょう 「縁」と言う名の手垢に塗れて
「人が触れた夢」は脆くも現と混ざり合う
暁は焼き尽くす…黒い闇を 然れども白い闇が覆い尽くす

私は夢見鳥

人は虚空に何を見るか

   雪、黒業ニツキへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴