思い詰めた表情
君はいつも少女のまま
僕といっしょに行こうよ
さあ
吐き留めの思いと
僕はいつも子供のまま
君の味方は僕だけ
甘い甘いクリームを舐めましょう
小さな爪差し出して
君はいつも少女のまま
森が来るのを待ってる
そう
同調の思いと
僕はいつも子供のまま
擦り剥くことはないから
小さな鬼さん手の鳴る方へ

明かりが見え隠れ君が笑っている
ここに居て行かないでその子に触れないで
明かりが見え隠れ鏡が笑っている
あそこに行かなくちゃ天使が待ってる

「巡ってる」
数えきれないバラバラ死体のプール
足を取られ「うまく泳げないのもう責めないで。」
ヒレをもがれ魚と僕とが同じ
足りない手足ずっと探してるの泣きだしそうに
数えきれない子供たち腐乱したプール
鼓膜破る 「うまく抜けないのもう責めないで。」
私利私欲だけの大人と僕とが同じ
足りない肢体 君のせい僕を見ないで…
足りない肢体綺麗だね救われたから


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   破戒と想像へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   




  新着コメント