この夜空に手を伸ばしても
届くことのない蜃気楼
僕の背中の折れたつばさ
昔のように飛べずに

夢をもとめ自由を追い求めてた
儚い風に揺られ

あの時君が失った物は
夜空の向こうの星になった
濡らした頬は何時かかわいて
きっと羽ばたけるから

僕の心一人で歩いてる
生きる痛みにたえて

あの時君が失った物は
夜空の向こうの星になった
濡らした頬は何時かかわいて
きっと羽ばたけるから

心の奥に住みついている
悲しみをぬぐいさって
夜をつきぬけ空をつきぬけ
どこまでも飛んでゆけたら...

   ジャイアニズム~お前の物は俺の物~へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴