暗い底を這う鬼の声、落ちた鳥さえ業火に焼かれて。

人が生まれ愛に触れて、裏切られて愛を無くす。
それを運命だと受け入れ、手首噛み切る。

さぁ、聞かせておくれ、僕が僕で無くなる歌を。
隠しても此処まで聞こえる子守唄よ。

どうして現実を受け入れられない?
人は皆、平等に落ちる運命にあるのに。
信じなさい、信じなさい、そこが終わりではない。
もっと深く、もっと深く、底にぶち当たるまで。


失うのは光でなく、闇を抉り出せばいい。

さぁ、聞かせておくれ、僕が僕で無くなる歌を。
隠しても此処まで聞こえる子守唄よ。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   蜘蛛の糸へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧