白い地球儀に描いた机上の楽園
手付かずの未来
絵筆と走らせた胸の鼓動

種を蒔く様に零した波状の旋律
モノクロの景色
華やかに色取る虹の航路

夜を巡る琴線をそっと弾けば
幕を開ける、誰も触れられない夢の世界

太陽が消えた空へ、浮かぶ月の銀幕に
鏤めた無数の星が瞬き流れるエンドロール
眠りへと落ちる少女、その手には花束を
目眩めく記憶を辿り目覚めるのは
再生のゼロ

夜を捲る情操の鐘を揺らせば
幕を閉じる、誰も触れられない夢の世界

太陽が消えた空へ、浮かぶ月の銀幕に
鏤めた無数の星が瞬き流れるエンドロール
眠りへと落ちる少女、羊達が手を招く
微睡みの夢路を辿り目覚めるのは
再生のゼロ…

碧い地球儀の余白に綴った
世界は「Atlas」

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   トロイメライへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント