踊りが全ての少女を抱き抱え 朝を待つ
親愛なる友 手を振る君さえもう居ないから

ありふれた日々さえ今ではもう懐かしい
空にひらひら舞ってる灰の花びら

ドレスを着てさあ踊ろう
絶え間なく与えた愛
悲鳴を上げ泣いているから だから…もう

積み上げた犠牲に別れの火を灯し
空にひらひら舞ってる灰の花びら

ドレスを着て さあ踊ろう
絶え間なく与えた愛悲鳴を上げ泣いている
ドレスを脱ぎ さあ眠ろう
絶え間なく流した愛
幸せにと願う寝顔に少女はもういない

腐敗とドレスと片足の少女
抱き抱え

   Withering to death.へのコメント

世界に認知されるきっかけになったDIR EN GREYの最高傑作(と勝手に思ってます)。
サビが化粧品メーカーのCMみたいに美しいC、ファンクナンバーで京の変声が楽しいジーザスクライストロックンロール、サビの歌詩がやばいガーベッジ、激しくて獰猛なのに物悲しいSpilled Milk、とアルバム曲なのにシングル以上のクオリティを持つ楽曲が収録されてます。

あと朔。これがホントすごい。
かすみとかDRAIN AWAYとか鬼葬の"和テイスト"を盛り込んだ上で洋楽よりのバッキバキのブルータルなテイストになってて、これはDIR EN GREYにしか作れない音。

dead treeは戦争について歌った曲。
これはぜひMVを見てほしい。

悲劇〜は亡くなったファンに向けたバラード。
京のウィスパーボイスと歌詩がこの上もなく優しくて悲しくて、アルペジオのループを聴いてると泣いてしまう…………。

鼓動。
DIR EN GREYで一番好きです。
間奏のあとのシャウト2発があまりにもかっこよすぎる。
ラストの希望を感じられるような締めの歌詩も好きです。

2019-03-20

  歌詞閲覧履歴