太陽に胸を焦がしながら夏をずっと待っていた
駆け抜けた 南風 行方

「晴れ渡るなら そう言ってよ!」
予報に難癖 休みを取ってない…
満員電車揺られ眠る
サマータイム 怨む

世間的にはバケーション
週6フラストレーション
浴衣のカップル散れ!!!

ボクもこの季節に胸を踊らす
少年だった

太陽に胸を焦がしながら夏をずっと待っていた
キュンと鳴るこころ抑え
ビー玉みたいに小さな夢見つけたラムネの中
僕が最初に焦がれた夢
届かない瓶の中

ちょろちょろ目に留まる
ガキにイライラしてたり
...本当は羨ましい

飛行機雲の先端まで
夏の行方 追いかけ

「ひと夏の恋路とかけまして、線香花火と解く」
理屈だけが器用になって
幼い頃観た二尺玉は儚く消えなかった
目蓋裏に焼きついたまま

利口なフリを演じるうちに
卑屈な大人になっていた
夕立に打たれている
ボクを浄化する雨
ピチピチピチと

太陽に胸を焦がしながら夏をずっと待っていた
懐かしむあの日々

ビー玉みたいに小さな夢見つけたラムネの中
僕が最初に焦がれた夢

人の世の儚さ知らずともちゃんと感じ取っていた
夏が終わる寂しさを

大人になって幾つの夏が足早に過ぎただろう
ビルの隙間から覗く空
二度と来ない?あの日の空


   夏の行方へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴