愛という物は 形に為れば消える
背後で囁く 君の答え
嫉妬深くはない 君の背中
ただ 僕は甘えて 見ないふりを

言葉 無くすのもいい 夜を求め合えれば
愛を 無くすのもいい 足場 無くし 闇へと

目覚めた横には 見飽きた君の顔
窶れた君には 重過ぎるね

冷えた 夜は冷たく月も凍りついてた
月は 海に沈んで冷えた海を 照らして

花になれ 蝶になれ 毒の棘を刺して
砂時計 壊せない 罪深き時
原色の 夢は散り バランス 無くし
砂時計 壊せない 罪深き感情

傷は深すぎて 目の前 見えなくて
そんな姿 ただ見つめた

言葉 無くすのもいい 夜を求め合えれば
愛を 無くすのもいい 足場 無くし 闇へと

愛せない 愛さない 愛の棘を刺して
無様だね 淫らだね 悶えてる君
元に戻らないけど 甘い唾液 注いで

   MACABREへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴