悪意ともとれる
抽象的な午後の空、
泣き出すそぶり。

僕たちはきっと、
抜け出す術を探してる

擬似的な美徳に酔うのなら
どうか安らかに眠ってくれ。

―聞きたくはないさ

敢えて言うなら
―そう、絶望だ。全ての矛盾に
けれど僕は歩くのだろう
踏みつけられても、まだ

君の表情が無機質になる
それが悲しくて

届け、届け、君へ。
―差し伸べた右手

温室で育つ花は、
冷たい雨を知らない
無邪気な殺意。

そして僕たちは
罵り合って生きている。
違う!違う?…違う。

病的な狂人を気取るなら
許しを乞う子供みたいな瞳
―それを止めてくれ。

紗に隠した傷が開いて
僕が死んだなら
君は僕を笑うのかな?
それとも泣き出すかな?

僕の喉が裂ける代わりに
君が笑うなら
届け、響け、君へ。
この喉を裂いて。

行く先は違う。サヨナラだ

竦んだ足殴りつけたら
また、歩き出せる。
その事だけ覚えていて
次に会うその日まで

今日が死んで。明日が生まれる
目を反らさないで。

届け、響け、君へ。
この喉を裂いて。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   from end.へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント