愛した穴の数だけ 僕は死んだ魚の眼
濁っていく清濁が 純粋な白に染まる
愛した穴の数だけ 僕は死んだ魚の眼
ミルクティーみたいに
清濁が 喉につっかかる

部屋の隅で泣いた 泣いた
淋しくなったの クビを絞めた
僕は僕をきつく絞めたんだ
「さ よ う な ら」が


言えるなら 言えるなら
言えるなら 苦しくはないよ
嫌になる 嫌になる
僕は何も見えなくなるよ
離れていくのならば 近づかないでよ
嫌になる 嫌になる
頭がオカシクなりそうだあ゛ーーーー


部屋の隅で泣いた 泣いた
苦しくなったの アレが絞めた
アレが僕をきつく絞めたんだ
淋しくなるよね

思い出にするなら アノ人が泣くから
さようなら言えるなら 君が笑い出す

死ねば良いよ 死ねば良いよ
死ねば良いよ お前なんか
死ねば良いよ 死ねば良いよ
僕は何も言えなくなるよ

僕は最初っからね
産まれちゃ駄目だった
嫌になる 嫌になる
生きている事も死んでいく事も

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   POCKET★ROCKETへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント