恥ずかしくって くしゃくしゃにしていた
ビリビリ破り 握り締めた
消しゴムでこすっては なぞった
誰にも秘密の設計図

今でも震えている この右手は
ノートからはみ出して行く 未来の先へ


掃いて捨てるほどある夢よ
叶え ほうき星と飛んでいけ
星屑を集めて 次のページへ
描き続ける 新しい明日を


難しくって ぐしゃぐしゃにしたんだ
黒く滲んで 汚れていく
だからどうしたって 構わないんだ
ペンはまだ折れるはずがないよ

ボクは覚えている あの教室で
キミだけに小さな声で
歌った唄を 今でも

青い春夏秋冬 離れ離れても
いつまでも忘れない様に
屋上で鳴らしたあのメロディを
思い出すたびに溢れて


掃いて捨てるほどある夢を
歌おう いつかキミに届くまで
星屑が煌めいている夜 ほら
叶え ほうき星と飛んでいけ

放課後の空に流れていた
ほうきのギターで 鳴らした夢を
あのメロディが今も響いてるよ
かき鳴らした 新しい明日を

散り散り 星屑 滲んだ 星屑
ゴミ箱から 拾い上げてる
くしゃくしゃになって
破り捨てられてる あのメロディ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   CHULIP HOLICへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧