月に行った猫の顔がクレオパトラに似ているのは
知らんぷりをしてる人に美しさを教える為

月に行った猫が顔を仕合せそうに踏まれるのは
これも嘘であれも嘘で僕も嘘だと確かめる為

本当かな

踊ろうよ止まるまで、所詮この世の戯言と
笑いなさい、悲しみは水に溶かして雨になれ
眠ろうか眠ろうよ、ムーミン谷には行けないよ
知っているのさそれくらい、僕は天使ぢゃないんだね

踊ろうよるりるらら、所詮この世の泡沫と
泣いてみようよ、悲しみは雨で皆に分けてやれ
こわれてしまえ何もかも、もう明日なんて怖くはないし
御泪頂戴ありがとう、今宵ここまでありがとう

   カストリミウヂックへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴